2021/10/23 ゼンマイカー@東芝未来科学館

こんにちは!東工大ScienceTechno 2年の浦野です。

10月23日(土)に東芝未来科学館にて開催した「ゼンマイカー」の工作教室についてご報告します。

今回は密を避けるために参加人数を絞らせていただき、午前と午後に1回ずつ開催しました。
ゼンマイカーは、ばねの一種である「ゼンマイばね」の仕組みを利用した工作です。
「ゼンマイカー」を後ろに動かすことで、ゼンマイばねに力が蓄えられます。
その蓄えられた力を使うことで、「ゼンマイカー」は前に進むことができるのです。

最初に、ばねが使われているものとしてボールペンや傘の中にあるばねを観察したり、
下敷きを利用してばねとは何か体感してもらいました。
その後まとめとして、ばねとは「形をかえると、元にもどる力を出すもの」と紹介しました。

後半には、実際に「ゼンマイカー」の工作をしました。
後ろの車輪を片段ボールを複数枚使って作るところなど、力加減が難しい部分もありましたが、
楽しみながら工作してくれていました。

最後には自分の作った「ゼンマイカー」を走らせることができ、とても満足そうな子どもたちの姿が見れました。

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。
東工大ScienceTechnoでは今後も社会情勢や大学からの活動制限等を鑑みつつ、可能な範囲でのイベントの実施を予定しています。
皆様ぜひご参加ください。