SSS2019特設ページ公開

2013/03/29,30 サイエンスリンク@東芝科学館

ご無沙汰してます。サイテク3年(になりました!)の水野です。
「またお前か…」って感じですよね。すいません。こう見えてサイテクには2年3年合わせて60人くらいいて、僕よりもすばらしい方なんて両手両足の指で数えきれないほどいらっしゃいます。こんなふざけた野郎だけじゃないんで、安心してください。

さて、今回は3月の29日30日に東芝科学館にて開催された「サイエンスリンク」に出展団体として参加させていただいた時のことについて書こうと思います。今回のサイエンスリンクのサイテクブースリーダーを務めさせていただきました。サイエンスリンクには僕らを含めて8つの団体が出展する大規模な科学のお祭りで、サイテクにもサイエンスリンク事務局代表の吉崎さんからオファーをいただき、参加させていただくことになりました。


まず、サイテク単体のブースとしては、29日30日各2回、計4回にわたって、1時間の工作教室を実施しました。「昔のおもちゃから学ぶ科学」というテーマで、糸巻き戦車と繭玉の二つの工作を、来てくれた子供たちにやってもらいました。50人もの子どもたちを一度に教えるということもあり、混沌とした教室になってしまうのではないかと少し心配していましたが、全くの杞憂で、子どもたちはみんな真剣なまなざしで工作に取り組んでくれて、完成したおもちゃで夢中になって遊んでいました。糸巻き戦車を工作した後、子どもたちに遊ぶのをやめさせて繭玉に切り替えるのが大変でした笑。それだけ楽しんでくれたっていうことですよね。本当に嬉しいことです。子どもたちの屈託のない笑顔のおかげで僕の心は辛うじて汚れずに保たれている気がします。いやマジで。


講師やスタッフをやってくれたサイテク部員のみなさんの活躍も素晴らしかった。朝八時に川崎の東芝科学館前集合というエクストリームなイベントだったにもかかわらず(ちなみに僕は5:30起きでした)ほとんど全員が遅刻せず集合。首都大の方々との兼ね合いで、工作教室の合間の準備と片付けはほとんど一瞬で終わらせなくてはいけなかったのですが、それも滞りなく完了。工作教室は安定の満員。もちろん本番中のみんなのパフォーマンスも素晴らしく、サイテク部員のハイスペックさを再認識させられたイベントでした。さすがですね。爪の垢でも煎じて飲みたいです。いや、やっぱ汚いからいいや←


また、29日の午後には、東大のCASTとのコラボショー「授業の中の科学」をやらせてただきました。内容は2月20日の緑ヶ丘、3月2日の川口市でやらせていただいたものと大差ありません(ぜひブログを遡って見てみてください)僕は実験開発、道具の用意、台本の改変、及び当日のスライド、照明の操作をやっていたので、お客様のお目にかかることはありませんでしたが、まぁあれです、陰の功労者的なあれです(誰も言ってくれないので自分で言っちゃいました)

今回はこのテーマでショーを行うのは3回目ともあり、大分洗練されたものをお届けできたのではないかと個人的には思っております。予定よりも早くショーが進んでしまったのですが、最後にCASTの小幡さんがあの手この手で繋いでくださったのには頭が上がりません。ありがとうございました。また、今回はスケジュールの都合上、みんなで集まって台本読み合わせのような時間をとることができなかったのですが、出演者の方々のスペックの高さで、全くそんなこと感じさせない素晴らしいショーを来場者の方々に見せられたと思います。ありがとうございました。っていうか、やっぱCASTの空気砲すっごいですね。見るたび感動します。サイテクにもあーゆう名物ほしいですねー。


今回のサイエンスリンクは、僕はサイテクに関してしかわかりませんが、少なくともサイテクは工作教室もショーも本当に大成功だったと思います。たくさんの子供たちに感動を与えられたと思っています。スタッフの皆様お疲れ様でした。名ばかりのリーダーで偉そーにしててすいませんでした。

サイエンスリンク事務局の方々、このような最高の科学の祭典に呼んでくださり、本当にありがとうございました。このような大規模なイベントの運営は本当に大変だったともいます。お疲れ様でした!超楽しかったです!!